おすすめ「さいたま」の暮らし

「住みたい街」として注目を集めるさいたま市の不動産や地域情報をお届けします

さいたま市南区広ケ谷戸・宅地分譲(11/2)

地盤調査結果報告

 ジャパンホームシールド(株)の地盤調査が終了しました。10月23日に実施した調査で局所的に地盤が弱いところがあり、10月31日に再調査を実施しました。その結果、北側の約3.75㎡について十分な転圧を行うことによって地盤補強なし(ベタ基礎)で家を建ててもOKという判定を得ました。転圧とは土地を踏み固める作業のことです。

f:id:csa-home:20191103210808j:plain

f:id:csa-home:20191102221315j:plainこの調査結果によって20年間の地盤保証と擁壁特約を付帯して土地を販売することができることとなりました。f:id:csa-home:20191102221806j:plain擁壁特約の概要です。内容が分かりやすいので2013年にプレスリリースされた内容をそのまま転載しています。

f:id:csa-home:20191103203939j:plain

f:id:csa-home:20191103204038j:plain

この土地のプロジェクトが始まって約4カ月が経過しましたが、関係各位のご協力をいただいた結果、安心の保証付き土地となりました。皆様に感謝です。

購入されるお客様にはとことん家づくりを楽しんでいただき、ご満足いただけることを願うばかりです。

2階にリビングを造れば視界を遮るものがありません。この土地は海抜14mなのでマンション並みの眺望となります。個人的な意見ですが富士山が見える方向に向けて広めのバルコニーを造るといいかもしれません。

👇浦和から海は見えませんが、こんなイメージです。

f:id:csa-home:20191103205718j:plain

全開放サッシ付きのバルコニーなど楽しいプランを考えるとますます気分が盛り上がりそうです!

csa.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さいたま市南区広ケ谷戸・宅地分譲 (11/1)

富士山と夕焼け

今日はきれいな夕焼けをバックにした富士山を見ることができました。現地で見たままをお伝えしたいのですが、画像になると色はぼやけるし肝心の富士山が小さくなってしまいます。撮影技術を学ばないと!少し離れて撮影すると…あまり変わり映えしませんでした。(以前にもアピールしましたが)この画像は2階や3階から撮影したのではなく、庭先に立って撮影したものです。実際に家が建ってバルコニーから富士山を見たらもっと大きく見えます。冬の晴れた日でさらに空気が澄んでいたら一日中富士山が見えているはずです。

👇事務所の3階から撮影した今日の富士山です。分譲地と同じ高さの地盤ですがここでは3階から富士山がやっと見えている状態です。分譲地のように遮るものがなく視界が抜けた土地と我が家のように周りに家が建っている土地では開放感が違います。見晴らしの良さも資産価値だと思います。

駐車スペースです。営業車(5ナンバーサイズ)を雑に停めてこの状態です。スロープの関係で土地に傾斜がありますが普通車が余裕で停められます。

f:id:csa-home:20191101215523j:plain
f:id:csa-home:20191101215458j:plain

もっと左に詰められますが、それでも右側のスペースに余裕があります。

昨日2度目の地盤調査が終了し、ジャパンホームシールド社より速報をいただきました。結果は【地盤補強なしで家を建てられる土地】という判定でした。内容は調査書ができたらお伝えします。

 


 

 

さいたま市南区広ケ谷戸・宅地分譲 (10/23)


造成工事が完了!地盤調査も終わりました。

気持ちの良い秋晴れ!澄んだ青空を見ることができました。

今日はジャパンホームシールドの地盤調査が行われるので朝一で現場に向かいました。正面に初冠雪の富士山が見えました。2階のバルコニーから見たらもっと大きく見えると思います。f:id:csa-home:20191023173145j:plain
拡大したらかすんでしまいますが…実際に肉眼で見た富士山とデジカメの画像では全く別物です。ぜひ現地でご覧ください。f:id:csa-home:20191023173220j:plain地盤調査は敷地8ケ所に穴をあけて調査します。造成工事前に調査していますが、造成工事で動かした土が落ち着いているかどうか、コンクリート擁壁設置の際に掘削した部分に埋め戻した土(地盤改良剤注入)の強度がでているか、細かい部分の調査も行います。f:id:csa-home:20191023174025j:plain造成工事が完成した現地はこのようになりました。南西側に向かって約1.6m~1.8mのひな壇になりますので開放感があり見晴らしと陽当りも良好です。👇南西側の道路から敷地に向かって正面から撮影しました。敷地全体が見渡せます。

f:id:csa-home:20191023174648j:plain👇(午前11時頃)敷地を南側から撮影しました。陽当り良好です。f:id:csa-home:20191023174825j:plain👇北西側から撮影f:id:csa-home:20191023175233j:plain👇北東側から撮影f:id:csa-home:20191023175401j:plain👇駐車スペースを北側から撮影。普通車2台+自転車4台を置いて余裕があるスペースです。建物を建てる際のアプローチ階段の造り方を工夫すれば普通車2台+軽自動車の3台並列駐車ができそうです(ただし技術は必要)。f:id:csa-home:20191023175634j:plain👇前面道路の様子です。南側から撮影しました。f:id:csa-home:20191023180210j:plain👇前面道路を北側から撮影しました。向かって右側は3mほどの擁壁になっています。ひな壇上の敷地(家を建てるところ)と道路の右にある家の敷地との高低差は約5mほどになります。f:id:csa-home:20191023180528j:plain◎高台なので水害のリスクはありません。◎地盤が安定しているので地震がきても液状化しにくい土地です。

不動産を購入する際には災害リスクも考慮してください。さいたま市川口市戸田市周辺でも冠水被害が出た地域がありました。河川、水路、低地、地盤の悪い地域は避けた方が無難かもしれません。安全であることも大切だと思います。

本日実施した地盤調査の結果が出たら本格的な販売を開始します!

お問い合わせ | シーエスエー株式会社

 

 

さいたま市南区広ケ谷戸・宅地分譲(10/15)

台風一過、全く影響なしです。

日本列島に深い爪痕を残した台風19号でしたが、ここは台風の影響を全く受けませんでした。海抜14m以上の高台に立地しており近隣に河川がないので浸水や冠水とはもともと無縁です。逆に遮るものがない高台なので強風の影響が心配されましたが、お隣にお住いの方に様子をお伺いしたところ「今回の台風は影響なし」ということでした。

首都圏では二子玉川や武蔵小杉という人気の住宅地で浸水があったほか、さいたま市の西側や川口市戸田市の河川や用水路が近いところでは浸水の被害が出たと聞きました。家を購入する際、ブランドも大切ですが自然災害に強いことはもっと大切なのかもしれないと思いました。

工事ですが今日も完成に向けて一歩前進しました。道路側のL字側溝一体型の土留め板の切断が完了しました。あとは仕上げです。

宅地への階段ステップの作り方次第ですが、停め方によっては3台駐車OKではないかと思います。結構広々としたスペースです。

重機が引き揚げ周囲のブロック塀の基礎が完了しているので土地のカタチが分かるようになりました。

整形地なので家を建てやすい土地です。できればルーフバルコニーなど見晴らしを活かした家づくりを提案したいと思います。 

お問い合わせ | シーエスエー株式会社

シーエスエー株式会社はさいたま市川口市を中心に不動産売買仲介をしています。