おすすめ「さいたま」の暮らし

「住みたい街」として注目を集めるさいたま市の不動産や地域情報をお届けします

お宝物件

不動産、絶好の買い時です。

消費増税の影響を受けている不動産市場ですが、新型コロナウイルスによる社会不安、株価下落など消費者心理の悪化から売れ行きが思わしくありません。

リーマンショック東日本大震災の時も同じように大きな社会不安や天災が発生するとまず株価が大きく下落します。さらにマスコミが必要以上に騒ぎ立てるので不安が増幅し社会全体が停滞します。株の狼狽売りや不動産の売り急ぎが発生しやすくなります。

大きく下落した相場は回復し消費も回復します。今回も同じように回復する時がやってきますので、現在のような時期は株や不動産は買い時だと思われます(ただし勇気は必要です…)。

 

建売業者の決算期が重なることもあり、新築一戸建ては大幅値引きが飛び出しています。当社周辺の事例をご紹介します。

f:id:csa-home:20200301190922j:plainこの物件は当初3,690万円で売り出しされましたが、なかなか買い手が付かず2月29日現在の価格設定は2,980万円です。当初の価格から710万円の値下げです。

さらに3月10日までのキャンペーン期間内の契約で50万円の住宅購入支度金がもらえますので実質2,930万円になります(通常なら3,500万円程度で売れてもおかしくない物件だと思います)。

JR東浦和駅徒歩圏内で南4m公道面、高台の整形地に建つ一戸建てですから、ここまで値が下がるとかなりの好条件だと思います(売れ足早いと思います)。

このような「お宝物件」が発生しやすい時期でもあり、目をつけている物件の値動きを日々チェックすることをお忘れなく!