おすすめ「さいたま」の暮らし

「住みたい街」として注目を集めるさいたま市の不動産や地域情報をお届けします

さいたま市南区大谷口の新築一戸建て(2)

リナージュ 南区大谷口第11期 全12区画

12区画のまとまった開発分譲現場なので、さいたま市南区大谷(明花地区)では大型開発現場となります。こちらの分譲地はもともとは生産緑地でしたが、前所有者の諸事情で売却されたようです。造成前は20m級の樹木が並ぶ雑木林でした。蚊がブンブン飛び交うような状態で犬の散歩でも近づけないような場所でとても人が立ち入れるような状態ではありませんでした。造成前と造成後の画像を比較してみてください。変われば変わるものです。

☆造成前の現地の画像

f:id:csa-home:20190705212535j:plain

☆造成後の現地

f:id:csa-home:20190705212836j:plain

2018年2月、現地に開発行為の看板が立ちました。2018年の春ごろから造成が始まり、雑木林が切り倒され抜根が進むと同時に、行き場を失ったノコギリクワガタが我が家に大量に飛来するようになりました。

f:id:csa-home:20190705212515j:plain

立派なノコギリクワガタが最高で40匹も飛来したのは驚きでした。オスは買うと800円もするんですね!残念なことに現在(2019年の初夏)、ノコギリクワガタは一匹も飛んできません。去年たくさん飛来してくれた場所に昆虫ゼリーを置いても全く現れる気配がありません。

f:id:csa-home:20190705213713j:plain

このように家が建つことで不動産業者の仕事には繋がるのですが、同時に自然破壊が起きるという現実に何とも複雑な気持ちになります。できれば自然は残して古い家を建て替えることで新たな住民を呼び込むというような不動産の循環が活性化すればいいのですが。この地は海抜約14mの台地・段丘地であり大谷口では高台に位置しています。地盤の強さは問題ないところだと考えられます。宅地造成の段階から毎日のように現場を見てきましたが、抜根やその跡の処理もきちんと行われていてしっかりした工事が行われていると思いました。樹木の伐採時、抜根作業の時は家が揺れることもありましたがいい思い出です。

 ※区画図です。

f:id:csa-home:20190705203758j:plain

宅地分譲(建築条件なし)で契約になった3区画は坪当り80万円弱で決まりました。右の角地とその横の区画はアルネットホームさん、左の区画は富士住建さんが注文住宅を建てています。

5号地、6号地、10号地、11号地は宅地分譲として、4号地、7号地、8号地、9号地、12号地の5区画は建売住宅として販売中です。詳細は下記をご覧ください。

 

※各区画共通【用途地域】第一種中高層住居専用地域【建蔽率】60%【容積率】200% 

《宅地分譲》 

・5号地 宅地【面積】110.01㎡【価格】2,580万円【道路付】東4m

・6号地 宅地【面積】111.85㎡【価格】2,580万円【道路付】北4m✖東4m角地

・10号地 宅地【面積】112.85㎡【価格】2,580万円【道路付】南4m

・11号地 宅地【面積】110.00㎡【価格】2,580万円【道路付】南4m

《新築建売り一戸建》

・4号地【土地面積】122.80㎡【建物面積】  99.37㎡【価格】3,120万円

・7号地【土地面積】106.23㎡【建物面積】  99.16㎡【価格】3,220万円

・8号地【土地面積】131.01㎡【建物面積】102.47㎡【価格】3,820万円

・9号地【土地面積】184.32㎡【建物面積】102.67㎡【価格】3,420万円

・12号地【土地面積】110.00㎡【建物面積】  99.36㎡【価格】3,520万円 ※契約済

 

次回はおススメの区画をご紹介します。

お問い合わせは下記まで、よろしくお願いします。

https://csa.co.jp/contact/